読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苔おじさんのリベルテ通信

NPO法人リベルテの日々を苔おじさんと呼ばれている代表がつづります。

ニーゼと光のアトリエ

映画『ニーゼと光のアトリエ』*1が上田映劇で5月13日〜25日に上映されます。
今回の上映でBOOKS & CAFE NABO.さんと一緒にリベルテもタイアップさせていただく機会をいただきました。
会期中、メンバーの作品展示とリベルテのグッズ販売も行います!


さて、この映画の舞台は1940年代のブラジルの精神科病院
当時、精神障害者発達障害者の「ケア」は閉鎖された病棟への入院と投薬、そしてロボトミーや電気ショック療法が最先端の有効な治療とされてた時代だったようです。
その治療法に反対し、仲間と作業療法室をアトリエとして開放した実在の医師ニージ・ダ・シウヴェイラを描いた作品がこの映画です。

  • 映画「ニーゼと光のアトリエ」公式ホームページ

http://maru-movie.com/nise.html

映画『ニーゼと光のアトリエ』予告編

  • 上田映劇

http://www.uedaeigeki.com

  • Books&Café NABO(ネイボ)

http://www.nabo.jp

*1:この邦題も好きです。「ニーゼの」ではなく「ニーゼと・・・」名付けられていることに、とても共感しました。つまり「ニーゼを描くためにある」物語でもなく、「彼女が所有しているアトリエ」という意味でもなく、「ニーゼとその場に集まった人たちの」物語ということを表しているからです。

続きを読む