読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苔おじさんのリベルテ通信

NPO法人リベルテの日々を苔おじさんと呼ばれている代表がつづります。

もうすぐ春ですね

(この記事はリベルテの運営する福祉事業所スタジオライトのメンバーに向けて発行してた記事に写真を加えて投稿しているものです。) こんにちは。リベルテの武捨です。もうすぐ春ですね。 おかげさまでリベルテも4月で、スタジオライトは5月に5年目を迎…

仕事納めと庚申講とリベルテ

リベルテもスタジオライトとギャラリーグリーンも年内最後の営業を終えました。 毎年恒例「つるかめ会」*1ではメンバーもスタッフも初のメンバーとの買い出しや準備やアンケートてんやわんやと一緒になって楽しみました。 *1:スタジオライト/リベルテの忘年…

メンバーの入選作品が展示されました!

フェイスブックなどではご紹介していましたが、今年は2名の方が作品公募展に入選しました。 ひとつは『ザワメキアート展 信州の障がいのある人の表現とアール・ブリュット』。 もうひとつはすみだ『北斎美術館 開館記念プロジェクト 全国障害者アート公募展…

あなたとぼくと、この場所で(企画に寄せながら、メンバーにも向け)

リベルテが主催としてトークイベントを行います。 福祉とアートの寄り道、井戸端トークイベント『あなたとぼくと、この場所で 福祉の現場から居場所について考える』 – 特定非営利活動法人リベルテ あなたとぼくと、この場所で 福祉の現場から居場所について…

だれがどう線をひくんだろう?(障害ってなんじゃらほい③)

ちょっと前に昨年から育ててるクレマチスの花が咲きました。 毎年この時期(3月〜6月)、リベルテの決算からと新年度の始まり、そして年度初めの各種報告書や手続きやらで頭のなかがジェットコースターのようにぐるぐるして、だいたい額の荒野も広がる時期を…

横になる人(障害ってなんじゃらほい②)

ほぼ毎朝晩と、仕事の始まりと終わりにスタッフは10分程度のミーティングをします。 その日のスタッフの動きとか予定を確認したり、ケアやプログラムなど簡単な打ち合わせをする時間があります。 基本的にぼくもスタッフから当日の動きやその日あったことを…

取り扱い注意

高田純次の適当日記を年のはじめに読みました。1年間の日記がほぼシモネタと嘘とギャグという、笑いながら読んだ後すぐさまその内容が頭から消えていくという、何も残らない・残さない本でした。 テキトー、本当にテキトー。 内容もどこまでが嘘でどこまで…

人相

こんにちは。 最近、年齢を言うとやっと「歳相応の顔」の反応が返ってくるようになった苔おじさんです。近所のパン屋さんにぼくの顔と歳のギャップを面白がってくれたキヨさんという人がいました。 リベルテを始めて間もない頃、沢山人が集まるそのお店では…

障害ってなんじゃらほい①

障害ってなんだろう。うーん。 自分が福祉の仕事でよく使う「ことば」ほど、意味がわからない。 いえいえ、使っているし意味もわかるんだけど、そもそもどういうふうに自分がその事柄を捉えて、人に説明できるかということを考えて(ひとりで)悩むことがあ…

ワクワクと不安の中を通りぬけながら

さて、勢いよく(?)通信をはじめたのはいいのですが、何を書いたらいいのか戸惑っています。 だいたい思いつきで行動しているのが早くもバレてしまいそうです笑 せっかくなので、「どうしてリベルテ立ち上げたのか」という、よく人に聴かれることも多いこ…

あらためまして

いつもたいへんお世話になっております。 はじめましての方、はじめまして。 リベルテの代表で、スタジオライトの施設長をしている武捨和貴(むしゃかずたか)です。 改めまして、どうぞよろしくおねがいします。この通信のタイトルにもある「苔おじさん」と…