苔おじさんのリベルテ通信

NPO法人リベルテの日々を苔おじさんと呼ばれている代表がつづります。

『福祉をかえる「アート化」 セミナーin鳥取2016』へ登壇いたします

3月21日(月・祝)「現場がかわる、地域がかわるー福祉施設やコミュニティにおけるアート、デザインの事例」の中で、事例2として「街のなかでともに生きる/支援って何だろう?」というテーマで登壇させて頂きます。
f:id:npo_liberte:20160225012434p:plain

現場がかわる、地域がかわるー福祉施設やコミュニティにおけるアート、デザインの事例
11:10~11:50 事例2「街のなかでともに生きる/支援って何だろう?」
武捨和貴(特定非営利活動法人リベルテ理事長・長野)
障がいのある人たちとともに、何気ない自由や権利について考え取り組む場や、関係を広げていくことを目指すリベルテ。表現すること、地域社会で生きること、その日々をご紹介します。

f:id:npo_liberte:20160225011938j:plain
f:id:npo_liberte:20160225011939j:plain

呼んで頂き、ありがとうございます。
リベルテの立ち上げ初年度に佐賀と新潟に呼んで頂きました。
そこからなんとか3年、リベルテがんばってきました。
(あの当時、3年目なんて想像することもできなかったけど・・・!)
メインのブログにも書きましたが、昨年の新橋で行われた24時間トークカフェでリベルテの話を紹介させてもらった際に話したところから、リベルテというよりむしろぼく自身の近辺変化などあり(このブログでは少しふれていますが)、そうした中でリベルテで考えていることや地域の中で感じていることを話す機会になりそうです。

ぼくの話はともかく、1日目も2日目もとても楽しみ、かつ濃い!内容であること確実ですので、鳥取や近隣県の皆様はぜひご参加ください。
ぼく自身も、メンバーやスタッフの日々を紹介しながら、リベルテのことを知ってファンになっていただけるよう精一杯発表してきたいと思います。